計算ミスをなくすには?

いよいよ12月となり、皆さん期末テストも終わりホッと一息ついている頃かと思います。

冬休みを目前に心踊る日々かと思いますが、その前に!期末テストの答案用紙の返却が待ち受けていますね。期末テストの感触が手に残っているうちに見返し&復習をしてしまいましょう!

今回お送りするテーマは、テストで「計算式は合っているのに凡ミスで計算が間違っていた」「焦って暗算したら間違えた」など・・・

計算ミスが多くてお悩みの方に朗報です。計算ミスをなくす方法を3つの項目に分けてお伝えします。年内のうちに苦手克服を目指していきましょう。

①ミスの傾向を把握する

今までのテストでどのようなミスが多かったか、まずは把握しましょう。

例えば、「計算している途中で時間がもったいないからと計算式を省略した為にミスをした」場合と、「急いで計算式を書いて、計算している途中で書き間違えていて、それに気づかず計算してしまった」場合では対処の方法が違うのは明白ですよね。

その為、まずは自分がミスを起こしやすい傾向を把握しましょう。把握する事で対処できるようになり、心構えができるようになる事で、試験本番でも落ち着いて対応できるようになります。

ミスの傾向を把握する
自分がミスを起こしやすい傾向を把握する事で対処法を学び、精神的にも落ち着いて挑めるようになる

②焦らず問題を解き、見直しはできない前提で計算をする

試験で焦ってしまいミスをする、という心理は裏を返せば自信がない状態を表します。普段の勉強ではできているのに試験では失敗してしまう。そんな現象を防ぐために日々の勉強では丁寧に一問を解く事をこころがけ、後から見直しができなくても問題がない状態=正答率を上げる訓練を行ってください。

その為には、勉強をするタイミングではしっかりと時間をかけ、計算式などは省略せずにミスが起きない仕組みを自分の中で確立しましょう。そして、このタイミングでは必ず見直しや検算を行ってください。①でもお話したように、ミスの傾向を把握する事にも繋がりますし、計算の正答率をあげる事で自信もつき、結果的に計算速度は上がっていくので安心してください。

試験では見直しができない前提で日々の勉強に取り組む
一度の計算できちんと正答できるよう練習を重ねることで、結果的に計算ミスは減り計算速度も上がっていく

③丁寧に書く事を心掛ける

これは綺麗な字を書け、という事ではありません。あとで、自分が見返して検算する際に苦痛にならない文字を書いてください。と言うのも、焦っていると流し文字になってしまい自分で見返しても読めない字になっている事が多々あります。 “0”と“6”、“1と7”を読み誤る自爆系のミスなどは、あまりにも「あるある」です。 それを防ぎ、丁寧に書く事を習慣にすることで、落ち着いて計算する事ができるようになります。せっかちさんや、面倒くさがりな人は特に流し文字の傾向が見受けられるので改善しやすいポイントです。

見返した際に読みやすい文字を心掛ける
見返ししようにも検算の際に読めない文字は苦痛になるので、丁寧な文字を書くように習慣化する

今回は、計算ミスをなくす方法を解説しました。と言っても何かとっておきの秘策があるわけでなく、日々の積み重ねや習慣が何よりの近道となります。12月に学校で学んでいる範囲は次の試験範囲にもなりますので、そこまでに計算ミスをなくす習慣を身に着け、テストの点数upに繋げていきましょう。